CATEGORY せとか

setoka-title

奇跡の大トロ柑橘、せとか!

オブラートのように薄い内袋!口の中でトロける食感と濃厚な味わいは別格!
setoka-1-640  %e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%97-%e8%b4%88%e7%ad%942013%e5%b9%b4vol2

◇せとかの特徴

 「清見タンゴール」、「アンコールオレンジ」、「マーコットオレンジ」の3品種より生まれた「せとか」は、多くの品種が複雑に混じり合った奥深い味わいと豊かな香りが特徴です。

外皮はとても滑らかで、内袋はオブラートのように薄いため、そのまま食べても全く気になりません。

皮が薄く果汁タップリのため、手では少々むきにくく、「カット」して食べることをおススメします!

テレビ番組の厳選素材としても紹介された人気品種で、まだ生産量が少ないため、希少な高級柑橘です。

◇家庭用のお品物になります

大きさがバラバラで、見た目が少し劣るお品物になります。

◇せとかは果皮が薄くとてもデリケート◇

そのため、雨や風によって傷や黒点ができてしまいます。
でも、露地栽培でじっくりと時間をかけて育てたせとかである証拠。

%e3%81%9b%e3%81%a8%e3%81%8b%e8%a8%b3%e3%81%82%e3%82%8a%e7%8e%89%ef%bc%90%ef%bc%90%ef%bc%92  %e3%81%9b%e3%81%a8%e3%81%8b%e8%a8%b3%e3%81%82%e3%82%8a%e7%8e%89%ef%bc%90%ef%bc%90%ef%bc%91

◇露地栽培へのこだわり

自然の流れに逆らわず、瀬戸内の潮風を浴びてゆっくりと時間をかけて育つから、本来のおいしさが生まれてくると考えています。
寒い冬を超えさせ、極上の味に仕上げるために、風・雨による傷や害虫、鳥の被害から守るために一つ一つ袋をかけて大事に育てています。
ハウスで作れば温度管理がしやすく、雨・風も凌げ、見た目のきれいなものになりますが、独特の奥深い味わいが出ない!と農家の人は言います。
露地栽培の美味しさを是非一度、味わっていただければと存じます。

僕が愛媛みかんを食べる理由